ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

女性の脱毛症の原因と薄毛治療方法とは

女性の脱毛症の原因はさまざま

女性脱毛症は年代によって原因が異なるということがよくあります。
20代などの若い女性の場合脱毛症など無縁と思われがちですが、若い人の場合は極端なダイエットやストレス、偏食など栄養バランスの考えていない食生活や髪に合わないヘアケア用品を使用している、睡眠不足や運動不足、喫煙などの生活習慣が悪いことなどが考えられます。
このような状態が続くと、ホルモンバランスが乱れて血行不良になって脱毛症につながってしまうことがわかっています。これを「疾患ベースの脱毛」と言います。
貧血などが原因などによって起こる脱毛ですが、そのため薄毛治療は投薬治療での改善と同時に食生活の改善や、生活習慣の改善などを行うことで治療していきます。
ダイエットをしている状態であっても、肉や魚、野菜をバランスよく摂取して貧血にならないように注意しながら生活することや、生活習慣を整えてホルモンバランスを改善することによって治療できるケースは多々あります。また、同時に頭皮に負担をかけないことも重要です。自分にあったヘアケア用品を使いながら、ポニーテールなどの同じ部分に髪に負担を、かけ続けるような髪型は避けるようにします。

更年期の女性の薄毛の原因

若い人の場合は、生活習慣を改善するだけで薄毛を改善できるケースもありますが、更年期などの女性の場合には、このような対処だけでは改善できないこともあります。
血流の低下や女性ホルモンの低下など、様々な原因が関係している「びまん性脱毛症」が挙げられます。
びまん性の脱毛は、髪全体の密度が低下するのが特徴です。加齢によるホルモン低下が原因によって生じる「女性男性型脱毛症(FAGA)」もその一種です。
これらは原因が特定されていないため、決定的な薄毛治療が明確ではないとされていますが、クリニックで治療してもらうことは可能となっています。
クリニックでの治療としては、外用薬として「ミノキシジル」が用いられます。ミノキシジルはもともと高血圧に対する降圧薬として開発されたものですが、血圧を下げるだけではなく全身の体毛が増えるという副作用があることがわかった薬です。この体毛が増えるというところに着目し、患部に塗る外用薬として再開発されています。直接頭皮に塗ることによって頭部の血流をよくして、発毛効果を得られる薬です。
内服薬での治療も行われています。医療用に用いられている高濃度のサプリメントやホルモンを調整する内服薬を用いて、体の内側から発毛しやすい状態をつくります。

薄毛の要因を一つずつ改善していくことが大切

女性の薄毛は、ホルモンの減少やバランスが崩れていたり、血流が低下してしまうことが挙げられます。他にも、栄養バランスの乱れや誤ったヘアケアなどの要因も絡み合って起こることが多く、治療するためには薬だけではなく要因を一つ一つ知っていきそれを改善していくことが大切です。
ホルモンバランスが悪いという場合には、薄毛治療と同時にホルモンバランスが整えられるように規則正しい生活を行なったり、バランスの良い食事を取ること、良質な睡眠を取ることなどを心がけます。
食事は、髪の毛の材料となるタンパク質や亜鉛、ビタミンなどを摂取するようにします。
また、ストレスを溜め込まないようにストレス解消をする、血行を良くするためにもストレッチやウォーキングなどの軽度の運動を取り入れてみるのも良いとされています。
頭皮への直接的なアプローチも重要です。頭皮負担の少ないシャンプー剤と洗い方で頭皮環境を整えたり、育毛剤を利用するのもおすすめです。
原因を特定しにくいからこそ、クリニックやヘアケアサロンなどに相談することで症状が改善することもあります。生活習慣を整えても改善できない場合には、クリニックなどに頼ることで改善できることも多くあります。

最終更新日

原因 , 女性 , 脱毛症 , 薄毛治療