ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

女性の薄毛治療の選択肢とおすすめとは

女性の薄毛の原因はさまざま

女性の薄毛は男性と同じくヘアサイクルの乱れが問題ですが、男性と全く同じというわけではなく、メカニズムや薄毛治療方法に違いがあります。
頭髪全体が薄くなるびまん性は女性男性型脱毛症と呼ばれ、ホルモンの分泌量の変化が原因と考えられています。
一方、牽引性髪の毛を束ねたり引っ張った状態が原因で、比較的短髪の人が多い男性よりもリスクが高いといえるでしょう。
また妊娠や出産といった経験も、ホルモンバランスの乱れを引き起こして脱毛に繋がることがあります。
皮脂の過剰分泌で毛穴に炎症が起こる脂漏性脱毛症や、フケが増加して毛穴が塞がれる粃糠性脱毛症に、過度なヘアケアやダイエットも原因に数えられます。

薄毛治療でおすすめな方法

女性の薄毛の原因は多種多様ですが、薄毛治療でおすすめなのはやはり、飲むだけで治療に取り組める内服薬の服用です。
内服薬は男性用こそ使えないものの、女性の薄毛メカニズムに適した薬を処方してもらえます。
毎日決まった量の錠剤を飲むだけですから、薄毛治療といっても手間がなく、忙しい人でも続けやすいのが魅力的です。
費用的な負担は毎月5千円未満で済むことが殆どで、継続が必要だとしても無理なく続けることができます。
頭髪の変化や効果の実感には時間が掛かりますが、これはヘアサイクルの乱れを整えるのに時間を要するのが理由です。
休止期に入った毛がまとめて抜けることもあるので、急に脱毛が増えたり薄毛が進行していると誤解しがちなのが難点です。
ただ、回復に入る証明でもありますから、抜け毛が増えても一時的なものですし、焦る必要は全くないといえます。
一時的とはいえ、毛量のボリュームダウンが気になる場合は、ウィッグの着用をおすすめします。
ウィッグなら自然にカバーできますし、何よりおしゃれが楽しめるのでおすすめ度は高いです。

外用薬との併用で効果を得られる可能性がある

内服薬を継続しても変化が見られない、あるいは乏しい時は、外用薬との併用がポイントになるでしょう。
外用薬は文字通り外側からアプローチするもので、これもクリニックで処方を受けることが可能です。
洗髪やタオルドライ後に塗布する手間はありますが、気になる部分に直接浸透させられるのが強みです。
内服薬とは異なり、内臓に負担を掛ける心配は殆どないですから、長期的な服用による負担が気になる人でも安心です。
勿論、外用薬には外用薬の副作用リスクが存在しますし、皮膚が弱い人だと痒みやかぶれが生じることもあるでしょう。
その点は医師と要相談ですが、何らかの理由で内服薬が使えない、もしくは使いたくなかったり、逆に併用したいといったニーズに応えられます。

更に変化を求める人は

多くの場合は内服薬か、外用薬との併用で薄毛治療の変化が見られますが、更に変化を求めるならサプリの追加や成長因子の注入がおすすめとなります。
費用が掛かるので、薄毛治療に本気だったり予算に余裕がある人に限られますが、クリニックが処方するサプリは栄養補給にもってこいです。
不足しがちな栄養素を中心に、頭皮に必要な栄養が豊富に配合されていますから、市販のサプリをあれこれと試すよりも楽ですし、コスト的にもこちらの方が合理的です。
当然ながら、薄毛治療の選択には納得が不可欠なので、費用の金額が許容できたり、価格に見合う期待が持てることが前提となります。
成長因子の注入は高額になりがちですが、外用薬よりも治療の期待値は高く、しかも直接患部に注入して毛髪の成長を促進できるのが魅力です。
医療行為なので自分ではできませんが、クリニックであれば安全に施術してもらえるでしょう。
他の治療と競合しませんから、相乗的な作用に期待できますし、内服薬や外用薬とお互いに効果を引き出し合う可能性も十分にあります。
シャンプーを変えたりマッサージをしてみるのも手ですが、これらはあくまでも日常のヘアケアに留まるので、本格的な治療はクリニックへの相談が第一歩になります。

最終更新日

おすすめ , 女性 , 薄毛治療