ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

30代女性の育毛対策!薄毛治療や育毛剤の効果をチェック

女性の中にも薄毛の治療が進んでいる人は多くいる

抜け毛や薄毛のトラブルに悩む30代女性が増えているといいます。洗髪時の抜け毛が多くなってきた、髪の毛のコシがなくなり細くなった、そんな変化に気付いて悩んでいる方は多いでしょう。薄毛や抜け毛というと、男性の方が多いというイメージがあるものです。しかし実際には、女性の中にも薄毛の症状が進んでしまう人が多くいるといいます。
髪の毛に変化を感じたら、早い段階で育毛対策をしていくことが大切でしょう。男性の場合、30代で抜け毛が増加するというとAGAの可能性が高いと考えられますが、女性の場合はホルモンバランスの乱れや頭皮トラブルが原因となっていることが多い傾向です。また加齢の影響でヘアサイクルに乱れが生じ、毛髪の成長期が短くなっている、ということも考えられます。症状と原因に合った方法を選んで、早めに対策をしていく必要があるでしょう。

セルフケアで手軽に対策したい人におすすめは

セルフケアで手軽に対策したい、そんな場合に最適なのが育毛剤です。ドラッグストアや薬局には、様々な女性向け育毛剤が取り揃えられています。育毛剤を選ぶ際に注目したいのは、どんな成分が配合されているか、頭皮や髪に負担がかからないか、という点でしょう。30代後半になると、体内のエストロゲン濃度は徐々に低下し始めます。ホルモンバランスに変化が生じるため、肌や髪にも様々な影響があらわれるのです。このため育毛剤の中には、エストロゲンと似た作用を持つ成分を配合しているものもあります。不足しはじめたエストロゲンを補い、ホルモンバランスを整えて抜け毛を予防するという製品です。
ホルモンバランスの乱れは、頭皮環境にも影響を及ぼします。頭皮に肌荒れや炎症等が生じていると、髪の毛の正常な成長が妨げられてしまい、抜け毛や薄毛などのトラブルが起きやすくなるのです。頭皮環境を整える成分として、アロエエキスなどの保湿成分やココナッツオイル、また炎症を防ぐビワ葉エキスなどが挙げられます。化粧品等に使用されることが多いカミツレ花エキスも、抗菌作用のある成分です。こうした成分によって頭皮環境を整えることが、ヘアサイクルの正常化に繋がります。

薄毛治療の原因はほかにも……

冷え性の方の場合、血行の悪さが抜け毛増加に影響しているかもしれません。血流が悪い状態になっていると、血液が頭皮のすみずみまで行き渡らなくなります。血液が届かなければ、そこに含まれている栄養も細胞に届かなくなってしまうのです。成長に必要な栄養が不足していれば、髪の毛は細く弱々しくなっていきます。
血行促進作用のある代表的な成分として、センブリエキスが挙げられます。センブリエキスは末梢血管を拡張して血流を促進する作用を持っているほか、代謝も促してくれるのが魅力です。頭皮の血行を促進し、同時に代謝を促して髪の毛の成長をサポートしてくれます。
自分にはどんな育毛剤が合っているのかわからない、抜け毛の原因が知りたいという場合には、クリニックで薄毛治療を受けるのが良いでしょう。クリニックは頭皮環境を詳しく調べた後、患者一人一人の原因にあった治療を提供しています。女性専用のクリニックもありますので、ひと目を気にせず通うことが可能です。大手クリニックはオリジナルの育毛剤を開発しているほか、注入療法なども取り扱っています。また特殊な機器を使い、有効成分を頭皮に浸透させるという専門的な治療も行われています。
頭皮環境の悪化やヘアサイクルの乱れが原因である場合、しっかりと対処をすれば薄毛を改善することが可能です。何もせず放置していると症状が進んでしまう恐れもあります。髪の毛が細くなった、抜け毛が増えたなどの問題に気がついたら、早めに対策をして豊かな毛髪を守りましょう。

最終更新日

30代 , 女性 , 育毛剤 , 薄毛治療